わたしもよくひく風邪に悩む一人でした

1シーズンに2〜3回は風邪をひいてしまう、この間風邪が治ったばかりなのにまた調子が悪い。風邪をひきやすいと悩んでいる人は案外多いものです。

 

実際私も風邪をひきやすく、季節の変わり目は必ず体調を崩していました。

 

冬になると必ず数回は風邪をひき、なかなかすっきり治らないので週末は寝込んでいることが多く、キャンセル料がかかってしまう旅行や日程の変更ができない予定を入れることができないので、私にとって冬は憂鬱な季節でした。

 

これも体質かなっと思ってあきらめていました。

 

しかし、あることを実践した結果風邪を全くひくことがなくなったのです。

 

私と同じように悩んでいる人に少しでも役に立てばと思い、私が今も続けていることをご紹介します。


風邪をひきやすい人と全くひかない人の差ってなに?

冬になると、この間風邪が治ったばかりなのにまた鼻声でマスクをしてるという人いますよね、そしていつも同じ人だったりします。私もそんな中の一人でした。

 

そんな人とは反対に今まで風邪なんて何十年ひいたことがないというツワモノを何人か知っています。

 

そういう人たちから言わせれば、1シーズンに度々風邪をひくこと自体、不摂生してるのではないの?っと散々な言われようでした。

 

もちろんたまに不摂生な生活をしてしまうことはありますが、風邪をひかない人たちと比べて極端に不摂生な生活を送っていているわけではなく、いたって普通に生活をしています。

 

確かに一人暮らしをしているので平日は残業をして帰ってきてからさすがに自炊はしんどいので、外食やコンビニで軽く済ませたり、お昼もお弁当を作るわけではないので栄養のバランスがよくないのかなあなんて漠然と思っていましたが、風邪をひきやすいことと特に関係があるとは思っていませんでした。

 

しかし、30代も半ばで健康もそろそろ気になる年頃でもありますし、どうして私みたいに風邪をひきやすい人がいる一方で全くひかない人がいるのだろうっとふと思ったのでありました。


ひきやすい風邪には理由がありました

風邪をひきやすい人とあまり風邪をひかない人の違いから、風邪をひきやすい理由って何かを調べてみることに。

 

よくお世話になっている内科の先生に聞いたり、ネットでいろいろと調べてみると、どうやら、風邪をひきやすいのはコレが理由のようです。

 

その理由は「免疫力の低下」。

 

風邪をひきやすいのは、免疫力が落ちているからだそうで、不規則な生活やストレス、体力の低下、冬は特に空気の乾燥も相まって免疫力は低下します。

 

風邪にひきやすくなるのはもちろんのこと、免疫力が落ちるとインフルエンザにかかったり、太りやすくなったり、アレルギーも起こしやすくなるそうです。

 

また、ガンや心臓病、糖尿病、膠原病など怖い病気にかかるリスクも増えてしまうそうです。


体温が1度下がると免疫力は30%も低下

免疫力を引き下げる大きな要因になるのが「低体温」。体温が1度下がると、なんと免疫力は30%、基礎代謝は約12%も下がってしまうと言われています。

 

体温が下がることで血液の流れが悪くなり、免疫力を持つ白血球の働きが低下してしまいことで、体内に発生したウイルスや細菌に負けて風邪を発病しやすくなってしまうのです。

 

一般的に、日本人の平熱は36℃〜37℃で、この温度は、体内の酵素が最も活性化される温度だそうです。

 

平熱が36℃未満の状態を低体温と言い、この低体温の状態が続いていると、酵素の働きが低下して新陳代謝が悪くなり、体の不調を感じるようになります。

 

私も気づいた時から平熱は35度台だったので低体温ということになります。

 

冷え性や生理不順にも長年悩んでいました。でもこれが普通だったんですけど、今ではこれが普通ではないことがわかりました。

 

体温が上がると血液の流れが良くなり免疫力や代謝が高まるため、血流を良くして免疫力を上げることがとても大切になってきます。

 

体温が低いことによってよっておこるカラダの不調

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 生理不順
  • 冷え性
  • 自律神経失調症

 

体温を上げると風邪をひきにくくなる以外にもこんなにもうれしい効果が!

  • 手先・足先の末端までしっかり血が巡り冷え性が改善される
  • 代謝が良くなり太りにくいカラダになる
  • 腸内環境が改善して便秘が解消する
  • 血流が良くなり肌にハリや弾力が出てくる

体温が上がると、病気になりにくくなるのはもちろんのこと、基礎代謝が上がるので太りにくいカラダになったり、便秘が解消し、肌がキレイになることができます。

 

体温を上げるためにやりたいこと

食事面
  • 栄養のバランスに気をつけ、野菜を食べる
  • ヨーグルトで腸内環境を改善
  • ニンニク、ネギやショウガなど体温を上げる効果のある根菜を積極的に食べる

 

生活面
  • 規則正しい生活
  • 禁煙
  • 朝一番に白湯を飲んで胃腸を温め、基礎代謝をアップさせる
  • 適度な運動をしてストレス解消や筋肉アップで代謝を上げる
  • ヨガでリラックス
  • お風呂に毎日入る

免疫力とストレスとの関係

馬鹿は風邪をひかないっという言葉の意味をご存知ですか?

 

私はただ単に馬鹿な人は風邪をひかないっていう意味だと思っていました。

 

ドラえもんに出てくるジャイアンも風邪はひかないタイプでしたよね。だから風邪をよくひく私は馬鹿ではないっと。。。

 

でもこれ、諸説言われているそうですが、馬鹿は冬にひいた風邪を、夏頃になってやっと気がつくように、自分が風邪を引いたのにすら気付かないくらい鈍感に構えていたほうが好ましい、ということらしいです。

 

ストレスがかかると免疫力が落ちるので、あまり物事をくよくよ考えず、少しくらいのほほんとしていた方がカラダにはいいということでしょう。

 

ストレスは万病のもとと言われるように、脳がストレスを感じると全身の血管が収縮して、血流障害を引き起こし治癒能力を弱めてしまいます。

 

多かれ少なかれ子供から大人まで皆何かしらのストレスを抱えていますが、長期間大きなストレスにさらされ続けると、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病になったり、ガン細胞の増殖など怖い病気に発展するリスクが一気に高まってしまいます。

 

またアレルギー疾患の発症や自律神経が乱れることによって、不眠や心身症、うつ病などの精神的な病気にまでかかってしまいます。


私は実際これで風邪をひかなくなりました

1シーズンに2〜3回は必ず風邪をひいていたのが、今は全くひかなくなった私。

 

インフルエンザの予防注射をしたにもかかわらずかかってしまい自己嫌悪に陥ったことが今では懐かしい思い出です。

 

まず、自分の生活を見直すために、朝起きてからの自分の一日の行動をノートに書き出すことから始めました。

 

とある1日

忙しくて朝食は食べない、昼食はコンビニのおにぎり、おやつにチョコレートケーキ、夕食にコンビニのお弁当と缶ビール1本、お風呂は入らずシャワーだけ、1:00頃睡眠、タバコ1日1箱弱。

 

基本朝食は食べず、夜遅くまでスマホをいじっていたりの不規則な生活やタバコ1箱弱と、風邪をひきやすいのも納得かなっと思いました。

 

多少の不摂生はあるものの普通の生活と思っていましたが、毎日ではないとは言えこんな生活が続くとやっぱりダメですね。

 

自分の行動を確認したら、あとは行動のみ。体質改善&生活習慣改善に向けて次のようなことを実践しました。

 

体質改善のために私が実践していること

アセロラを飲む

風邪をひきにくくするにはビタミンCが必須っとあったので、朝イチにアセロラを飲んでいます。
紙パックで買ってきたものを1日1杯飲むようにしました。

 

野菜スムージーを朝食に

圧倒的な野菜不足に気づき、今流行りの野菜スムージーを朝食として飲むようになりました。
タンパク質を摂りたいので、豆乳や低脂肪の牛乳に混ぜて飲んでいます。
簡単だし、美味しいので飽きずに続いてます。置き換えダイエットとしてもいいみたいですね。

 

禁煙

これをきっかけにきっぱり辞めました。案外辞めれるものです。飲み会で今でも誘惑に負けそうになりますが、そこは何とか乗り切っています。

 

お風呂に入る

シャワーだけで済ませていましたが、毎晩40度くらいのぬるめのお湯に20分ほど浸かっています。
血行も良くなりますし、むくみ対策のために足のマッサージや頭皮のマッサージも一緒にやっています。

 

ホットヨガ

ストレス発散と気分転換のためホットヨガに通い出しました。すごい量の汗をかくので、カラダの中の悪いものが流れ出ているようで気持ちいいです。
レッスンにはピラティスもあるので、インナーマッスルも鍛えることができ、筋肉量がアップしました。

 

まずはできるとことから始めてみましょう

以上が体質の改善をするために1年半ほど無理なく続けていることです。

 

一見お風呂やホットヨガ以外は体温を上げることと関係ないように思いますが、野菜スムージーやアセロラなどビタミンを摂ることによって、免疫力のアップにつながったようです。

 

今思えば、野菜が不足しているのにタバコを吸っていたので、余計ビタミンが不足していた気がします。

 

タバコを辞めるとかなり太るという話を聞きますが、私は+1キロ程でそんなに変化はありません。ピラティスで筋肉量がアップし、代謝が良くなって脂肪が燃えやすいカラダになったのかもしれません。

 

平熱が35度前半くらいでしたが、今では1度ほど上がったおかげで季節の変わり目には必ず体調を崩していましたがそういうこともなくなり、風邪もひいていません。

 

ショウガやニンニクなどのカラダを温める食べ物を食べるのも効果的だと思いますが、毎日料理して食べることはできないし、無理なく続けられることからやっています。

 

風邪をひきやすと悩んでいる人は、多分私と同じように低体温の人なのだと思います。

 

少しの心がけで体温を上げて免疫力をアップすることはできるので、是非参考にしてみてくださいね。